逆流性食道炎は治療が難しい病気です。既に患っている人はもちろんですが、まだなっていない人も今の内に症状や改善方法を知っておきましょう。

  • ホーム
  • 胃潰瘍になる原因と症状は?

胃潰瘍になる原因と症状は?

胃潰瘍は胃の粘膜がただれて深く傷ついてしまう病気で、40代以降に多いと言われていますが、若い世代でも胃潰瘍になる場合はあります。
この病気は進行すると胃に穴が開くような重症になることもあり、また胃ガンなどの病気と症状が似ているところがあるので、早めに検査を受けることが大切です。

胃潰瘍の原因として、まず挙げられるのがピロリ菌です。
ピロリ菌は胃の粘膜にいるらせん形の細菌ですが、これによって胃の粘膜が弱くなり胃潰瘍が生じる可能性が高くなると言われています。
この他の原因としては、薬剤の副作用もあります。
ステロイド剤は皮膚炎などによく使用される薬剤ですが、胃潰瘍の場合には非ステロイド系消炎鎮痛剤が粘膜の働きを弱めて潰瘍を生じやすくさせると考えられます。

また、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れ、胃酸の量が増加して胃粘膜を刺激することで胃潰瘍が起こります。
さらに不規則な食生活や暴飲暴食、喫煙や過度の飲酒なども胃に負担がかかって胃潰瘍を引き起こす可能性があります。

なお胆石症や、胆石症が原因で起こる胆嚢炎などもみぞおちや上腹部が痛むので、このような症状が出る場合に胆嚢炎ではなく胃潰瘍であることを確実に知るには、病院で検査を行う必要があります。
さらに、胃潰瘍では粘膜の外側の血管が破れて出血し、吐血することがありますが、この場合は胃に入り込んだ血液が胃酸によって黒い色になります。
また、便の方も黒色便になることがありますが、胃ガンでもこのような便が出ることがあるので、この場合も検査した方が良いでしょう。

このように胃潰瘍には複数の原因があり、その症状としても食後のみぞおちの痛みや食欲不振、胃もたれなどの他に吐き気や吐血、腰痛や背中の痛みなど、様々なものがあります。
さらに、胃潰瘍では痛みの自覚がなく健康診断などで見つかることもあるので、辛い症状がないからといって安心せずに、少しでも胃の調子が悪いような場合はこの病気の可能性を考えてみることをお勧めします。

胃潰瘍の症状をチェック

現在はストレスが多い時代であり、また加齢と共にピロリ菌を持つ人が増えると言われているので、胃潰瘍であるかどうかを自分でチェックすることも大切です。
その場合には、まず食後に胃もたれや胃痛などがあるかどうか、その他では便の色が黒っぽくなっているか、酸っぱいゲップが出たり胸やけがあるかどうかなどを考えてみると良いでしょう。

さらにこれらの症状に、吐き気や嘔吐などが加わった場合には胃潰瘍である可能性が高いと言えるので、その場合はできるだけ早く病院に行ってみることをお勧めします。
また、胃潰瘍は再発の可能性があるので、症状がなくなったり治癒した後でも、普段から胃潰瘍と考えられる症状があるかどうかのチェックを続けることが大切になります。

そして、この場合には症状について考えると同時に、普段の生活でも胃潰瘍にならないような生活習慣を心掛けることも必要です。
胃潰瘍を予防するにはストレスを軽減する工夫をしたり、規則正しい食生活にしたり、暴飲暴食や刺激のある食品を避けるなど、自分でできるような対策についても実行に移すことが大切と言えます。

そして、症状のチェックで少しでも気になるようなことが出た場合には、胃潰瘍を専門に扱うような病院を受診して担当医に相談してみると良いでしょう。
そのような病院では胃潰瘍の様々な症状に関する豊富な知識があるはずなので、検査以外でもそれぞれの場合に合った適切なアドバイスを受けられる可能性が高いと考えられます。

さらにそれと同時に、胃潰瘍になった人の体験談や口コミなどを読むようにすると、自分の場合と比較して非常に参考になる可能性が高いので、インターネットのサイトなどを利用してみることもお勧めします。