逆流性食道炎は治療が難しい病気です。既に患っている人はもちろんですが、まだなっていない人も今の内に症状や改善方法を知っておきましょう。

  • ホーム
  • 睡眠導入剤の処方薬と市販薬の違いは?

睡眠導入剤の処方薬と市販薬の違いは?

睡眠薬は、不眠状態の解消や入眠の手助けを目的として開発された薬の総称です。
睡眠薬の中でも、特に作用時間が短いものは、睡眠導入剤と呼ばれます。
医師から処方されるものもあれば、市販のものもあり、どちらも、緊張状態が緩和され、睡眠を誘発したり、持続させたりという効果が期待できます。

医師から処方される睡眠導入剤は、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の2種類が主流になっています。
いずれもGABAの働きを強めることで催眠作用がもたらされます。
GABAは神経伝達物質で、GABAが働くことで神経細胞の興奮が抑制されます。

最近では体内時計に作用するメラトニン受容体作動薬や、覚醒を維持する脳内物質に作用するオレキシン受容体拮抗薬といった、さらに依存度の弱い薬も登場し、処方されるようになってきています。

これに対して市販薬は、かぜ薬などにも含まれているジフェンヒドラミン塩酸塩を成分としています。
この薬剤は、体内のヒスタミンという体内物質の働きを抑える効果があります。
ヒスタミンは体を覚醒させる働きがあるため、この物質の働きを抑えることで緩やかに自然に近い眠りに導く効果が期待できます。
しかし、個々の症状や状態に合わせた調剤にはなっていないため、慢性的な不眠症状というよりは、寝つきが悪い・眠りが浅いといった一時的な不眠症状を和らげるために利用されます。

不眠症治療の際に処方される睡眠導入剤は、処方箋が無ければ購入できません。
現在主に使われている睡眠導入剤は、脳の機能を低下させる睡眠薬が中心になります。
大脳辺縁系や脳幹網様体と呼ばれる部分の神経活動を抑えることで、催眠作用をもたらします。
不眠状態が続いている人の症状や頻度によって医師が適切な薬を処方します。

薬剤師がいる薬局などで購入できる市販薬は、処方薬と比較すると、副作用が少なく、効果も穏やかです。
しかし、数度の服用で耐性がつくため長期にわたって使用してはいけません。

睡眠導入剤の処方薬は通販からでも入手可能

ジフェンヒドラミン塩酸塩を成分とした薬は、厳密には睡眠導入剤とは呼べません。
市販薬、もしくは睡眠改善薬と呼ばれます。

睡眠導入剤は処方薬であり、薬局などで販売されていませんので、医療機関に罹らずに薬を購入したい場合は、海外の医薬品を個人輸入することになります。
日本で認可されている薬は勿論、未認可の物であっても海外で一般的に販売されている商品なら、個人的な利用で且つ決められた数量を守る限り、輸入禁止に指定されている物以外の商品を購入することが出来ます。

海外から個人輸入をしたいと思っても、輸入に関した特別な手続きがあり、業者とのやり取りは現地の言葉で行わなければならず、個人で行うには難しいと思います。
そのような場合、個人輸入代行通販を利用すると簡単に薬を購入することができます。
処方箋が不要なので、病院に行く手間や時間をかける事なく利用できるのが通販のメリットです。

通販で購入できる睡眠導入剤に、ルネスタのジェネリック薬、バスパーのジェネリック薬、ロゼレムのジェネリック薬などがあります。
ジェネリック薬は先行薬と同等の効果が認められています。
さらに、国内の処方薬より薬価が低いので比較的安価に購入できます。

しかし、日本で認可されていない医薬品は、副作用が強く表れてしまう薬が多い事で認可されないことが多々ありますので、利用したことがない薬を購入する際は、かかり付けの医師に相談してから利用するようにしましょう。

副作用や薬の飲み合わせが悪くて健康に害を及ぼす事があっても、全て自己責任になってしまいます。
購入する際は安易に購入するのではなく、メーカー正規品を購入する、自分の症状に対応しているか前もって調べるなど細心の注意を払いましょう。